« 尾張旭市三郷町分譲A棟 吹付断熱工事①~水から生まれた断熱材を使用 | トップページ | 尾張旭市三郷町分譲A棟 プラスターボード貼り工事① »

2016年3月25日 (金)

みなさま、こんにちは

今回は名古屋木材の尾張旭市三郷町分譲A棟
吹付断熱工事をご紹介する2回目をお送りします

Img_0809  
尾張旭市三郷町分譲A棟では
水から生まれた環境にやさしい断熱材
アクアフォームを採用しました


アクアフォームの特徴をお知らせします

           ↓
【アクアフォームの特徴】

ノンフロン地球にやさしい硬質ウレタンフォーム素材を使用

・アクアフォームは収縮しない

静かな住空間 吸音性能を実現

現場吹付発砲により結露を抑制、建物の耐久性を高める

カビやダニの発生を抑え 壁内結露の発生を抑える

光熱費を大幅(最大50%)に削減

・高温になっても液化しない

有害物質ホルムアルデヒド他 13種類の化学物質を含まない

発砲剤は水なので、人に環境にやさしい断熱材

・日本工業規格による燃焼性規格に適合

準耐火構造大臣認定

・次世代省エネルギー基準(温暖環境等級4)


 *下記の写真は、弊社の在来工法での施工例です 

P1040480

Photo
     (画  村上主任)

分譲住宅では、間取りはもちろんのこと
「どんな材料を使用しているのかしら・・・」と気になりますよね 

では、次回もどうぞお楽しみに

|

« 尾張旭市三郷町分譲A棟 吹付断熱工事①~水から生まれた断熱材を使用 | トップページ | 尾張旭市三郷町分譲A棟 プラスターボード貼り工事① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾張旭市三郷町分譲A棟 吹付断熱工事②~水から生まれた断熱材の特徴:

« 尾張旭市三郷町分譲A棟 吹付断熱工事①~水から生まれた断熱材を使用 | トップページ | 尾張旭市三郷町分譲A棟 プラスターボード貼り工事① »